はしか情報

 

IMG_3589

今日の朝刊の記事です。
愛知県内で新たに3人のはしか感染が確認されました。

はしかに感染すると、薬10~12日後に発熱、せき、鼻水の症状がでます。
その2,4日後、39度以上の高熱と発疹が現れます。
特に乳児は、重症化する危険性があるので注意が必要です。

感染力が非常に強いため、予防にはワクチンの接種が必須です。
原則、28歳以下は2回、28~45歳の人は1回接種になっています。

まだ接種されていない人、乳児に接触する機会のある人は
積極的にワクチンの接種をおすすめします。

当クリニックでは予約による接種を承っております。
ご希望の方はお問い合わせくださいませ。