熱中症について

 

みなさんこんにちは。院長の平尾亮人です。今回は、熱中症についてお話します。
熱中症の発生には、環境要因として①気温、②湿度、③風速、④輻射熱が関係しています。
好発時期は6月から9月で、気温の高い日はもちろん、梅雨時の湿度の高い日も注意が必要です。
当クリニックでも、脱水症状のみられる患者様を時々みかけます。
症状としては、「暑い環境下に居た後」で、めまい、立ちくらみ、発汗、口渇、頭痛、倦怠感、
意識障害、高体温など、多彩な症状がみられます。また、熱中症には運動や労働により発症する
労作性熱中症と、高齢者や乳幼児、持病のある人で日常生活の中で発症する非労作性熱中症があります。
労作性の場合は、自分で暑さを自覚できる事が多いので予防(水分、塩分の補給など)は自己責任である程度
可能ですが、非労作性の場合は、家族やまわりの人々の協力がないと予防が困難なことがあり注意が必要です。
熱中症は予防することが最も重要です。暑い日、湿度の高い日などはこまめに水分と塩分の補給をして下さい。
必要があればクーラーや扇風機を利用して屋内の環境を良くしましょう。もし調子が悪ければ早めに医療機関
を受診して下さい。                             院     長